読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽ハーブ活用法③ ペパーミント

シリーズ3回目は『ペパーミント』です。

 

日本人には馴染みがあるミント。

ペパーミント・スペアミント・アップルミント・ベルガモットミント・パイナップルミント・キャットニップ・ペニーロイヤルミントなどなど。

ペパーミントはスペアミントとウォーターミントの交配種です。

このように、ミントの仲間には交配種や雑種が数多く存在していて、見分けが難しいと言われています。

ミント系と一口でくくってしまうこともありますが、それぞれ違う植物で、香りも違えば働き方・働きかける場所も違います。目的に合った種類を使いましょうね。

 

ペパーミントやスペアミントなどは『多年生草本』といい、地上部が枯れたり切られても根が健康な状態であれば春になるとまた芽吹きます。とってもたくましい植物です。

f:id:kazooooo555:20160916122856j:plain

📷写真はアップルミント

 

一時期アップルミントの香りが大好きになり、苗を購入。

鉢植えではなく地植えにしたため、現在はいろいろなところからアップルミントが顔を出しています。

ハーブ類は間違って踏んでしまっても、とってもいい香りをあたりに漂わせてくれるのです💓ありがたい!

 

そして、多分鳥か虫が運んできたスペアミントが違う場所に定着!

知らないうちにスペアミントをゲットしていました^^

しかし交配しやすいミントの仲間です。

きっと近い将来、我が家でもアップルミントとスペアミントの交配種が誕生するのでしょう。(交配してしまうと香りで分かるそうです)

 

 

さてさて、今回は入手しやすいペパーミントのおすすめ使用方法です。

といっても、たくさんおすすめがありすぎて、選ぶのが難しい。 

悩みましたがこれからの季節に役立ちそうな方法をお知らせします。

先々月のワンデイ講座でも体験していただきましたが、皆さん顔色がよくなりツヤツヤのお顔で帰られました^^

 

<ペパーミントのおすすめ使用方法>

◉ペパーミントの温湿布

<材料>

 ペパーミントのドライハーブ  8gくらい

 だしパック(無くても大丈夫    ) 1袋

 熱湯             500ml

 ミニタオルなど        1枚

 洗面器

 お水             適量

 

 1.洗面器にだしパックに入れたペパーミントを入れ、熱湯を注ぎ濃いめのハーブティーを作ります。

 2.10分くらい蒸らしたら、手を入れられるくらいの温度になるまでお水を加えます。

 3.適温になったら、お湯の中にミニタオルを浸し搾って首や肩やお腹など凝っていたり冷えている場所に当てます。

★熱々でなくてもじんわり暖まりますので、5分〜10分くらい当てておいてください。

※くれぐれも火傷にご注意ください。

 

どんな食べ物でも、そればかり食べ過ぎるとお腹が緩くなったり、気分が悪くなったりすることがありますよね。ハーブも同じです。

ハーブはちょこっとプラスするのが美味しい。

特に妊娠中や授乳中の方・乳幼児・お薬を飲まれている方は、お医者様に確認し、安心して楽しく食してくださいね!